hos_logo
Japanese | English
hos_logo2
マウス HR−1
  HRM-2
  HR/DeF1
  NSY
ラット ZFDM
  OLETF
  LETO
  SHR
  SHRSP
  WKY
その他 ラボスキン
  HR-AD飼料
  生産終了動物
Hos:ZFDM-Leprfaラット 2型糖尿病モデルラット
HR1

  特徴

高い繁殖効率により低価格を実現

Hos:ZFDM-Leprfaラット(2型糖尿病モデルラット)


【臨床経過】
 Hos:ZFDM-Leprfaラットは過食により、生後5週齢頃から体重は増加しますが、生後15週齢頃より、その増加はみられなくなり、糖尿病の症状が顕著なラットでは減少します。

【血液検査】
 Hos:ZFDM-Leprfaラットは生後10週齢頃になりますと血糖値、血漿中性脂肪値、血漿コレステロール値および血漿インスリン値は上昇し始めますが、血漿インスリン値は逆に生後15週齢頃から低下致します。

【経口ブドウ糖負荷試験 (OGTT; Oral Glucose Tolerance Test) 】
 
Hos:ZFDM-Leprfaラットは生後15週齢ではほとんどの個体で頂値が400 mg/dL、負荷後2時間値が200 mg/dLを呈し、糖尿病と診断されます。

 
  研究分野  Hos:ZFDM-Leprfaラットは肥満、高脂血症、非インスリン依存型糖尿病、および糖尿病性腎症などの糖尿病性合併症の研究に使用できます。  
  由来  Hos:ZFDM-Leprfaラット(写真)は1992年東京医科大学より㈱星野試験動物飼育所が分与を受けたZucker fattyラットのコロニーから、2008年に軽度肥満を伴い、生後10週齢前後から血糖値が高くなり、多尿を呈するラットを発見しました。それ以降、雄が繁殖能を有しているため、雄の血糖値をマーカーにしてヘテロ(Leprfa/+)の雌と交配し維持しています。現在、顕著な高血糖ラインと軽度な高血糖ラインの選抜育成を鋭意進めております。  
  生産方法  Hos:ZFDM-Leprfaラットの生産は生後12週齢から雄のfatty(fa/fa)と雌のLean(fa/+)の交配を繰り返し、㈱星野試験動物飼育所の生産施設内で当施設の標準管理手順書に従いおこなっております。尚、微生物モニタリング検査は月に1回日本SLC㈱に依頼し実施しております。  
  販売性別 ♂・♀  
  使用条件 購入された動物の繁殖及び他機関への分与は禁止しております。  
  データ 血液学的検査(PDF)  
  ZFDMとZDFの性質比較 [1]
  ZFDM ZDF
起源 東京医科大学 Eli Lilly Research Laboratories
遺伝子制御 クローズドコロニー 近交系
肥満* 早期発症(6-12週齢) 早期発症 (6-10週齢)
糖尿病* 若齢~中年齢発症
(10-20週齢)
若齢発症 (8-12週齢)
特殊飼料 不要 Purina 5008

繁殖方法

♀(fa/+) × ♂(fa/fa)

♀(fa/+) × ♂(fa/+)


*Characteristics of fa/fa male rats in the ZFDM and ZDF strains.

[1] Yokoi, N. et al. A Novel Rat Model of Type 2 Diabetes: The Zucker Fatty Diabetes Mellitus ZFDM Rat. J. Diabetes Res. 2013, 103731 (2013).
 

参考文献         御見積り・ご注文