hos_logo
Japanese | English
hos_logo2
マウス HR−1
  HRM-2
  HR/DeF1
  NSY
ラット ZFDM
  OLETF
  LETO
  SHR
  SHRSP
  WKY
その他 ラボスキン
  HR-AD飼料
  生産終了動物
飼育管理
 

環境

 バリアシステムの飼育室の環境条件を下記のごとく設定し、飼育管理を行う。

 
 

空気

換気回数10~15回/時 ・ 飼育室静圧差1~3 mmH2O

 オールリフレッシュエアー。最終(HEPA)フィルターを通し、除塵・除菌し、送風される。

 
 

気流速度

25 cm/sec 以下

 飼育室に送られる空気は施設の構造により、天井の上側に吹き当て、拡散させて下側の多孔天板より下の飼育室に吹き出すか、直接飼育室天井のパン型エアーディフューザーより吹き出され、室内に均等に流れる。

 
 

温度・湿度

 飼育室の温度・湿度の設定値は下記の通りにする。温湿度の制御は、飼育室内にある温湿度検出端子により変化を探知し、空調機において自動的に制御する。

動物種 温 度 湿 度
設定値 設定値

マウス・ラット

21~25℃ 50~70%
 
 

照明時間

 

 飼育室内の照明時間は、朝(7:00~9:00)、夜(19:00~7:00)にタイマーをセットする。

 
 

出荷

出荷指示書に基づき供給先別に飼育動物の振り分けを行う。
週齢規定:4週齢は27~32日(マウス・ラット)
供給動物の生後日齢巾:5日以内(マウス・ラット)
出荷検査は体重測定、外観検査を行い、オス・メスの混入、異常動物に注意し、匹数の確認を行う。出荷動物の生年月日は月~水曜日と木~日曜日分けて記載、出荷する。

 
 

梱包

 ラベルはマウスとラットで色分けしたものを使用し、ラベルに出荷先・出荷年月日・動物種名・系統名・週齢・体重・出生年月日・性別・匹数・総出荷数・総箱数を記載する。飼育室より前室に搬入された動物は、出荷指示書と供給ラベルを照合し、出荷先・動物種名・系統名・週齢・体重・性別および匹数を確認して、輸送箱(エコンアーク)に詰める。このとき、すべての輸送箱には餌と寒天もしくは給水瓶を入れる。最後に生産担当責任者の印を押し、バリア外に搬出する。

 
 

輸送箱

 輸送箱はオートクレーブで滅菌をして使用する。両側および蓋部フィルター付エコンアークを使用する。

マウス・ラット用中型輸送箱 620×400×200 mm

マウス用小型輸送箱 400×400×200 mm

 
 

輸送箱収容数

*マウス

週齢 最大収容匹数
中型輸送箱 小型輸送箱
3
40
15
4
35
15
5
30
15
6
30
10
7
30
10
8
25
10
9
25
10
10以上
20
10
退役動物♂
12
--------------
妊娠・退役動物♀
15
10


*ラット(エコンアーク)

週齢 最大収容匹数
通常のラット ZFDM,fa/faのみ
3
20
--------------
4
10
--------------
5
9
8
6
8
7
7
7
6
8
6
5
9
5
4
10以上
4以下
4以下
妊娠・退役動物
2
2
 
 

給餌

クローズドコロニー・近交系

マウス・ラット
日本農産工業株式会社 高圧滅菌用固形飼料
繁殖用 SLC-A1
飼育用 SLC-R-A2

 飼料の滅菌は袋に無数の穴をあけて、オートクレーブで121 ℃以上・30分の高圧滅菌をする。滅菌後は前室に保管し3日以内に使用する。

 
 

給水

 井戸水に強塩酸と塩素を添加し、末端取水中の遊離残留塩素を2 ppm以上、pH3.0~5.0に調整して給与する。給水方法は自動給水装置と給水瓶により行う。

 
 

ケージ

 オートクレーブで滅菌したステンレス・アルミ・エコンのケージを使用し、週1~2回交換を行う。

 
 

床敷

 ソフトチップを洗浄したケージに適量入れ、ケージとともに高圧滅菌を行う。

 
 

観察

 作業時、動物観察を注意深く行い、異常を認めた時には、直ちに各棟の責任者に報告し指示を仰ぐ。

 
 

飼育室の清掃・消毒

 飼育作業終了後床の清掃・ソフト酸化水で水洗いを行い、ワイパーで水を切る。

 
 

パスルームの
消毒

ソフト酸化水を噴霧して消毒後、殺虫剤の噴霧を行う。

 
 

機材消毒・滅菌

 材質により高圧滅菌またはホルマリン燻蒸を行い、バリア・システムの飼育室に搬入する。  
  汚物・屍体

 汚物処理

汚物は青ビニール袋に入れ、施設内の焼却炉で速やかに焼却する。

 屍体処理

動物の屍体は黒ビニール袋に入れ、施設内の焼却炉で原則的に当日中に焼却する。

 
 

バリア・システム
飼育室の入室

 バリア・システム飼育室に出入りする者は、脱衣してから手足の消毒する。シャワー浴後に滅菌済作業着・帽子・マスク・ゴム長靴・ゴム手袋を着用し、飼育室に入室する。

 
 

規則事項

①動物等の敷地内持ち込み禁止
②部外者のバリア区域内立ち入り禁止
③飼育技術員の各飼育室選任配置

 

■ 育成・記録

 

育成

 育成ケージに収容した動物は、マウス・ラットは生後3.5週齢時に外見検査を実施する。作業完了後に系統名、性別、匹数等を実験動物管理者に報告する。


*マウス用育成ケージのサイズ 22×37×12.5 cm

週齢 収容数
3~4週齢 20匹
5~9週齢 15匹

*ラット用育成ケージのサイズ 31.5×47×20 cm
週齢 収容数
3~5週齢 10匹
6~7週齢 9匹
8週齢以上 6匹
 

■ 動物福祉等

 

取扱動物種

マウス・ラット

 
 

規程

㈱星野試験動物飼育所 実験動物福祉委員会規程
㈱星野試験動物飼育所 実験動物福祉規程

 
 

自己点検

平成29年に実験動物福祉委員会による自己点検・評価を実施し、適正に運営されていることを確認しています。(年1回)

 
 

外部検証

実験動物生産施設等福祉認証
認証有効期間:2014年2月20日から2017年3月31日まで