hos_logo
Japanese | English
hos_logo2
マウス HR−1
  HRM-2
  HR/DeF1
  NSY
ラット ZFDM
  OLETF
  LETO
  SHR
  SHRSP
  WKY
その他 ラボスキン
  HR-AD飼料
  生産終了動物
ラボスキン (Laboskin)
 

 ラボスキンはHos:HR-1(ヘアレスマウス)の背中の皮膚を摘出した後に、-20℃以下で冷凍保存したものです。ラボスキンの使用目的は脂溶性薬剤の皮吸収試験です。メンブレンとしてフランツ型拡散セルに装着して使用します。in vitroで用いらられる実験動物の皮膚にはラボスキン(ヘアレスマウス)の他に、ヘアレスラット、モルモット、ブタがありますが、これらの中でラボスキンを使用するメリットは①価格が安いこと、②実験の操作性が良いこと、③除毛が不要なことが挙げられます。現在では多くの大学や製薬会社で使用されており、特に動物を飼育することができない研究機関で重宝しております。

 
  試験方法 ①室温に放置して解凍する。
②必要であれば脂肪を鈍性剥離し(原則不要)、ラボスキンの大きさ等を調整する。
③ラボスキンをフランツ型拡散セルに装着する。
④拡散セルのドナー側に、脂溶性薬剤を配合した被験液を注入する。
⑤拡散セルのレシーバー側に、0.1%アジ化ナトリウム、0.5~6%ポリオキシエチレン(20)オレイルエーテルを加えたリン酸緩衝液(pH 7.4)を注入する。
⑥レシーバー側をマグネティックスターラーで撹拌しながら恒温層で37℃に保つ。
⑦経時的にレシーバー側よりサンプリングを行う。
⑧高速液体クロマトグラフィーにより被験物質の定量を行う。
 
  評価方法 レシーバー側へ透過した被験物質の累積透過量により、経皮吸収性を判定する。
 
  FAQ

Q. ヘアレスマウスの性別や週齢は指定できますか?

A. 原則的に7週齢の♂を販売しており、ほぼすべての研究機関でこれが使用されております。♀や他の週齢の指定する場合は受注生産で対応しております。

Q. 納期はどれくらいかかりますか?

A. 7週齢、♂で数十枚の注文でしたら、だいたい注文の翌週には納品できます。♀や他の週齢の場合はヘアレスマウスの在庫状況によって決まるため、その都度お問合せください。

Q. 使用期限はありますか?

A. 半年以内を目安にご使用ください。凍結・解凍を繰り返したり、1年以上冷凍庫に保存すると乾燥により使用できなくなります。

Q. 1枚のラボスキンで何ヵ所の使用ができますか?

A. フランツ型拡散セルの大きさにもよりますが、2~5ヵ所で使用されている研究者が多いです。使用部位により吸収に微妙に差があるため、使用部位に偏りがないように使用します。

 

参考文献         御見積り・ご注文