hos_logo
Japanese | English
hos_logo2
マウス HR−1
  HRM-2
  HR/DeF1
  NSY
ラット ZFDM
  OLETF
  LETO
  SHR
  SHRSP
  WKY
その他 ラボスキン
  HR-AD飼料
  生産終了動物
NSY/Hos 2型糖尿病モデルマウス
       


  特徴  NSYマウスはブドウ糖負荷試験(GTT)を耐糖能障害の指標としてJcl:ICRマウスを選択交配し、近交系化した自然発症2型糖尿病モデルマウスです。本マウスは樹立者の名前にちなみ、NSY(Nagoya Shibata Yasuda)マウスと命名されています。

①自然発症2型糖尿病モデルマウス [1]
②近交系(遺伝的に均一)
③48週齢までに雄はおよそ全例(雌は約30%)で糖尿病発症 [1][2]
④軽度の肥満と内臓脂肪蓄積(日本人の2型糖尿病に類似) [1][2]
⑤インスリン分泌低下 [1][3]
⑥インスリン抵抗性 [1][2]
⑦高脂肪食などの環境負荷により発症促進
⑧発症に関与する遺伝子の解析が進んでいる [4]
 
  使用目的  NSY/Hosマウスは、耐糖能異常が環境負荷や肥満の程度に依存する2型糖尿病モデル動物です。NSY/Hosマウスは2型糖尿病の病因・病態の解明や 予防法・治療法の開発に有用と思われます。また、NSY/Hosマウスの肥満・耐糖能は餌の成分などの環境因子により大きく変化することから、環境因子と 遺伝子因子の相互作用を解明する上でも有用なマウスです。  
  由来  (株)星野試験動物飼育所では、2002年3月より近畿大学医学部の池上博司教授のご協力を得て、F55代のNSYマウス種動物の分与を受け、SPF生産のNSY/Hosマウスを生産・販売しております。 
  販売性別 ♂・♀  
 参考文献[1] Ueda, H. et al. The NSY mouse: a new animal model of spontaneous NIDDM with moderate obesity. Diabetologia 38, 503–508 (1995).

[2] Ueda, H. et al. Age-dependent changes in phenotypes and candidate gene analysis in a polygenic animal model of Type II diabetes mellitus; NSY mouse. Diabetologia 43, 932–8 (2000).

[3] Hamada, Y. et al. Insulin secretion to glucose as well as nonglucose stimuli is impaired in spontaneously diabetic Nagoya-Shibata-Yasuda mice. Metabolism. 50, 1282–5 (2001).

[4] Ueda, H. et al. Genetic analysis of late-onset type 2 diabetes in a mouse model of human complex trait. Diabetes 48, 1168–74 (1999).
 

参考文献         御見積り・ご注文